【ネパール】タメルで日本の純喫茶が恋しくなったなら、「ちくさカフェ」へGO!

続けての投稿ですが、ネパールの首都カトマンズのタメル地区にある喫茶店「ちくさカフェ」をご紹介します。

  • 無料Wi-Fi完備
  • フィルターウォーターあり

店内は清潔で店員さんの人柄も良いので、お茶をしながら旅の疲れを癒すのに最適なスポットです♪




Chikusa Cafe

※クリックで店舗詳細へ

ドアに「ちくさ」という平仮名が書かれていますが、ちくさカフェの元々の経営者は日本人だったそうです。

店内の雰囲気、特にカウンターやコーヒーカップの並ぶ棚は、日本の純喫茶を彷彿させます。

今は日本語を話せるスタッフはいませんが、日本語を話せる地元のおじいさんにはよくお店で会います(笑)

「ちくさカフェ」のメニューはコチラ




スパイスを使って丁寧に作られるマサラミルクティーが65ルピー、看板メニューのブラックコーヒーが100ルピーと、ゆっくり滞在できる店内にも関わらずお手頃な価格です!(1ルピー=約1円)

軽食だって、日本人の口に合うものばかり。

地元の方もひっきりなしに訪れる和テイストでノスタルジックな喫茶店、ぜひタメルに来た際には立ち寄ってみてください!

Chikusa Cafe






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください