ノルウェーの紙幣デザイン

ノルウェーの通貨といえばノルウェー・クローネですが、2017年から紙幣が新しくなったのをご存知でしょうか。

 

それがコチラです。

現時点では50・100・200・500クローネの4種類の紙幣が流通しており、1000クローネ紙幣は来年2019年から流通することになっています。

 

ノルウェーの建国以来、紙幣デザインが刷新されたのは今回で8回目ですが、芸術家や科学者など、国に功績を残した偉人の肖像画が描かれない紙幣は初となります。

 

デザインのテーマは「海洋」

海は、ノルウェーという国の歴史を語る上で非常に大きな意味を持ちます。



額面の数字が海上の風力を示す単位「ビューフォート風力階級」に呼応していて、50クローネは微風、100クローネは軟風、1000クローネで暴風というように、額面が上がるにつれて風力が強まって見えるというわけです。

あえてピクセル(画素)で海や空、海岸線を表すことで、個人個人で絵柄を自由に解釈できるようになっています。

 

つまり何が描かれているのかはあなたが決めてくださいね、ということのようです(笑)

 

デザインをしたのは、スノヘッタ(Snøhetta)というオスロとニューヨークを拠点に活躍するデザインファーム。

 

ちなみこちらのピクセルデザインの面は、裏面です。

 

 

表面はどういうものかというと、こちらをご覧ください。

 

表面についてはまた別のデザイナーがデザインしています。

 

この新紙幣には「海洋」というテーマに加え、各紙幣ごとにサブテーマが指定されていました。



50クローネ=「私たちをつなげる海」
100クローネ=「私たちを外の世界へと促す海」
200クローネ=「私たちに食を恵んでくれる海」
500クローネ=「私たちに福祉を提供してくれる海」
1000クローネ=「私たちを次のステージへといざなってくれる海」

 

そもそも紙幣のデザインを一般募集しよう!という発想や、表裏で別のデザインを採用したところが斬新で素敵ですよね。

 

そして通貨の紙幣といえば、なんとなく偉人がデザインされているのが一般的ですが、確かに偉人である必要はどこにもないのです。

(もちろん福沢諭吉も樋口一葉も野口英世も、偉大な功績を残した人物であることは間違いありません。)

その国のアイデンティティや大事にしているものは、自然や日常生活の中にひっそりと、それでも根深く存在しているのではないでしょうか。

 

日本の次の紙幣デザインは、一体何になるのでしょうね???

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください