【雑記】ノルウェイの森と、ノルウェーの森

こんにちは、ナオヒロです!

「ノルウェーの森」という言葉を聞いた時に真っ先に思い浮かぶのは、作家村上春樹さんの代表作「ノルウェイの森」だという方がきっと大多数ではないでしょうか。




小説「ノルウェイの森」のストーリーは、37歳の「僕(主人公)」が飛行機に乗ってドイツの空港に着陸しようとしているシーンからはじまります。着陸すると飛行機のスピーカーから「ノルウェイの森」のBGMが小さく流れてきて、「僕」はどういうわけか混乱してしまう、というものだったと思います。(確かね)

 

ちなみにこの村上春樹さんの「ノルウェイの森」はもともと「雨の中の庭」というまったく違うタイトルで書き始められた小説だったのですが、原稿を出版社に提出する2日前に「ノルウェイの森」に変更されたとい裏話があります。

というのも、タイトルの決定に最後の最後まで迷った村上春樹さんが奥さんに作品を読んでもらい意見を求めた時に、「ノルウェイの森でいいんじゃない?」という返答があったからだといいます。

 

この作品タイトルについては、ファンや色々な人からその後よく質問を受けたのでしょう。村上春樹さんは自著「『そうだ、村上さんに聞いてみよう』と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? の中で、こんなことを話しています。(いやタイトル長いわ~ゞ(´▽`*)笑

ところでビートルズの“ノルウェイの森”というタイトルが誤訳かどうかという論争が以前からあって、これについて書き出すとかなり長くなります

 

ビートルズの「ノルウェーの森」が誤訳と騒がれていたことを村上春樹さんは知っていたようですが、話が長くなるということですので、他にも村上春樹さんなりのお考えがありそうですね。

「ビートルズの“ノルウェの森”」と表現しているところが少し気になりますが、何かしらの権利問題が絡むのでしょうか。



ビートルズの楽曲「Norwegian Wood (This Bird Has Flown)」
この邦題が「ノルウェーの森」となります。

※(This Bird Has Flown)というのは、「鳥はどこかへ行ってしまった」という意味の副題です。

この楽曲では恋愛関係のロマンチックな部分というよりも“駆け引き”のような部分が際立って表現されていて、曲調も全体的に盛り上がりに欠けるのですが、毎年今みたいに寒くなってくる頃に無性に聴きたくなる不思議な魅力があります。

 

村上春樹さんの小説『ノルウェイの森』の主人公「僕」は、飛行機の中でこのビートルズの「ノルウェーの森」を聴いたのでしょう。

※著作権の関係でここに音源を貼れないのが残念です・・・




ちなみにビートルズの「ノルウェーの森」は、ジョンとポールの共作でアルバム「Rubber Soul」に初めて収録されましたが、ビートルズが初めてインドの弦楽器“シタール”を演奏に取り入れたことでも話題になりました。

演奏の中できこえるビヨ~~ンとかギュイ~ンといった独特な音が、シタールの音色です。

※もう一回言います。著作権の関係でここに音源を貼れないのが、残念です・・・!

 

シタールはネック部分が木でできていて、ボディはなんとカボチャをくり貫いて作られているというなんとも不思議な楽器です。

【インドでシタールを習っている僕の友人】

生で聴くと、どこかに意識を持っていかれそうなエキゾチックで美しい音色がします。

 

さてこのビートルズの「Norwegian Wood (This Bird Has Flown))」、1965年にリリースされた後、日本では「ノルウェーの森」という素敵な邦題が付けられました。

※村上春樹さんの小説タイトルや、ストーリーに出てくるのは「ノルウェの森」です。

 

しかし実はこの「ノルウェーの森」という曲タイトル、先ほどの村上春樹さんの言葉にもありましたが、日本語と英語の間で起きた誤訳?が生んだ成功と言われたりします。




どういうことかというと、作曲をしたビートルズの意図した「Norwegian Wood」の意味は「ノルウェーの森」ではなく、「ノルウェー産の木材」という意味なのです(笑)

 

一番の歌詞では、女性が男性に対して「すてきな部屋でしょ??ノルウェー産の木材なのよ。」と言う部分があります。



しかし、果たして「ノルウェーの森」が100%誤訳かと聞かれると、僕には断言できません。

というのも、「ノルウェー産の木材」というタイトルでは、日本人にウケたかどうか分からないからです(笑)

翻訳家もそんなバカじゃないと思います。「ノルウェーの森」の方が絶対に日本人にとって親しみやすいでしょ?

 

以上、オチもありませんが、この話はここまでにします。

それではまた~!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください