【連載】「ルーツの旅③」

※前回の記事はコチラ「ルーツの旅②

 

小学生の頃に戦争マンガ「はだしのゲンを読んだ時の衝撃は、未だに僕の脳裏に焼き付いています。
※中沢啓治による、自身の原爆の被爆体験を元にした自伝的漫画。

そして中学生・高校生になり、海外情勢のニュースをテレビなんかで見聞きするにつれて、「戦争」というものはより現実味を帯びて感じられました。

誰だってそうだと思います。

それから高校生で初めてこの穴の開いたヘルメットを目にした瞬間から、小さい頃に閉じ込められて泣き叫んだ暗くて怖い「おくら」は、別の意味で僕にとってゾッとする場所に変わりました。

“恐い”もいろいろですからね~

今ではもう免疫?が付いて恐いとも思いませんが、当時はヘルメットが無言で語ってくる感覚というか、何かこう心の内側から重くジワジワくるものがありました。

同時に戦争は酷いものだと直感的に悟らされたような気がします。

管理方法はいかがなものかと自分でも思います(笑)が、依田直衛さんの遺品のヘルメットは我が家のおくらの二階で今も眠っています。(これを機に場所を移したほうが良いかな・・?)

 

 

ところで皆さん!

ちょっとダークな話になってしまいましたが、この完全に個人的な我が家の話も3話目まで来ました。

まだしばらく続きますが、ぜひお付き合いいただけると嬉しいっスヽ(^o^)丿

 




さてすこし話は変わり、小学生の時の授業テーマで自分の名前の由来を尋ねた時に、祖父が「なおひろのお父さんもおじいちゃんもだけど、うちの家(依田家)の男子は、昔から名前の最初に『直』がついてる」と言っていたのを思い出したのが、ちょうどこの頃(高校生の頃)です。

この我が家の男が「直」を受け継ぐ世襲制みたいなもの(僕は「直シバリ」と呼んでいます。笑)は、果たしてどのくらい前にスタートしたのか???

確かに僕の祖父にも父親にも、兄にも「直」が付いています。

先に断っておきますが、別に「直」を付けなければならないという難い決まり事は一切ありません!!言ってしまえばただの“ネタ”みたいなものだろうと思います(笑)

記憶を辿ると、僕の兄がすでに「直」を受け継いだので、弟である僕の名前は全く別のものになる可能性もあったようです。

僕は二番目なので、二郎くんとかでも別に良かったわけですね。

しかし祖父だったか両親だったか忘れましたが、「どうしてお兄ちゃんだけ『直』が付いていて、僕は男なのに付いてないの?」と物心ついためんどくさい二郎くん(仮)が言い出して、家族内で口論にならないようにということで「直大」になったという、確かそんな話も聞いた覚えがあります。

いや、ならないよ!\( ̄  ̄*)笑

でも僕はせっかく付けてもらった自分の名前を気に入っているので、とても感謝しています。

そして“キラキラネーム”だとか“DQNネーム”だとか言われる名前の子も多いこの御時世ですから、そろそろこの直シバリも途絶えるのかなぁと思っていたところ、兄は息子ができると「直」を付けました。なので直シバリはまだ続いていくことになりそうです(笑)



高校生の僕が祖父に尋ねると、覚えている範囲で先祖の直〇さんを何人か教えてくれました。

「俺の親が直人で、その弟が直衛で、直〇ってのもいたなぁ・・・」みたいな感じで。

別にそれを書き留めるということはしませんでしたが、なになに~、けっこうオモロイじゃん!!と思いました。(まあ自分事なので)

 

それから僕は大学進学で家を出て、自分の家系のことを考える機会はほとんどありませんでした。ただ一回だけ、兄に子どもができて「直」が付いた時を除いてです。

そして社会人になり約5年ぶりに故郷に戻ってきて(今から5年前)から、このことがまたふと気になった時期がありました。

正確には、社会人1年目の時は色々あり頭がいっぱいいっぱいで考える余地がなかったので、社会人2年目の時です。

 

祖父に「直」がいつから続いているか改めて尋ねてみると、いよいよこの時が来たかいな・・・とばかりに、仏壇の下からおもむろに“あるもの”を取り出して来たのです。

 

それがコチラ、

我が家の「過去帳」なるものです。

 

つづーく!

<<前の記事  次の記事>>






1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください