【連載】「ルーツの旅」第6話

ご覧いただきありがとうございます!

※前回の記事はコチラ「ルーツの旅」第5話です
※最初の記事はコチラ「ルーツの旅」第1話です

 

我が家の先祖は、僕の力では過去帳に記載されていた1742年までしか遡ることができませんでした。

日蓮宗系の家では、お盆期間に慣習的に曼荼羅(法華経の世界図)というものを飾るなすが、それを見てもそれ以前の情報は残念ながら載っていません・・

左から2枚目の黒くなっているものが我が家の最も古い曼荼羅なのですが、作成依頼者は1742年に生きていた重郎左ヱ門さんでした




さて、ここからは「ルーツの旅」第2話・第3話でご紹介した、戦死者の直衛(なおえ)さんの話に移っていきます。

直衛さんは僕から見ると、祖父の叔父にあたる人です。

直衛さんと同じく二男である僕は、この人になんとなく前々から親近感を抱いていました。

そして我が家の居間には、こんなものがあります。

戦地からヘルメット等の遺品と一緒に送り返されてきた皮革製のスーツケースです。

【危】ライフル銃を見てください

当時はやっぱり木製の銃だったのですね~・・・

 

というのは冗談で、これは僕の父親がどこかで手に入れた射的の鉄砲(おもちゃ)で、なんとなくここがしっくりくるということで、挟んでいるだけのようです。

弾はもちろんコルクで、僕も小さい頃に時々これで遊びました。

 

そしてこれは今でも反省していることなのですが、中学生の頃、僕は家に帰るとよくこの部分に学生服をひっ掛けていて、そのうちだんだんと革が弱ってきて、あろうことか留め具をブチッとやってしまいました。

当時は本当にバチが当たってしまうと思い、夜な夜なスーツケースに向かって手を合わせていたものです。マジで。

僕が真面目な人間になっていったのは、きっとこの頃からだと思います。(‘Д’)



先日、こんな記事を書いていたこともあり、ふとこのスーツケースの中身が気になりました。

祖父が言うには、寒い戦地(中国)で撮影された直衛さんのヒゲ面の写真なんかが入っているのではないか?とのことでした。

早速スーツケースを棚の上から下ろしてみました。

 

しかし、開けてみても中には何も入っておらず、ただこちらのネームタグのみがポケットに挟まっていました。

なかなか当時の面影があります。




直衛さんは絵を描くのが好きだったようで、戦地である中国に赴いたあとも、自由な時間を見つけては絵筆をとっていたようです。

「朝陽鳴鳳 之圖(の図)」

こちらには2匹の鳳凰(ほうおう)が描かれています。

 

鳳凰(ほうおう)は中国の伝説上の鳥で、みんな大好き一万円札の裏側にも描かれている鳥ですね。

 

ちなみに十円玉の裏側に描かれている、京都の平等院鳳凰堂の屋根の装飾にも鳳凰がいます。

鳳(ほう)がオス、凰(おう)がメスなのですが、「朝暘鳴鳳図」という名前で2羽が描かれている場合は、オスとメスの両方を表します。

鳳鳴朝暘(ほうめいちょうよう)という四字熟語もあるそうですが、こちらの四字熟語辞典によると「鳳凰が朝陽に向かって鳴く」というのは

“世の中が平和なことを示すめでたいしるしのこと。”

とあります。

鳳凰は平和の象徴でもあり、太平の世に現れるとされています。また2匹の鳳凰は「夫婦和合」の意味を持ちます。

 

戦地に赴いた多くの日本人の願いは、一刻も早い平和な世の中の実現や、大切な人や家族との再会だったのかもしれません。

直衛さんには婚約女性がいたようですが、戦死したことによってその方との再会は叶いませんでした。

 

つづく

<前の記事  次の記事>







2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください