【連載】「ルーツの旅⑦」

※前回の記事はコチラ「ルーツの旅⑥
※最初の記事はコチラ「ルーツの旅①

 

我が家の菩提寺の境内には、お墓とは別に地域の戦没者8名の慰霊碑があります。

その中のひとつが、これまでの文脈からお察しの通り僕の先祖直衛さんのものですが、目を凝らして慰霊碑の右の側面を見ると、こう書いてあります。

昭和十九年五月二十五日

 

中華民國河南省
洛陽県東家ニ於テ戦死

 

三十才

 

過去帳にも同じような記載があったので、直衛さんが30歳の時に中国で亡くなったことは僕の頭の中にありました。

戒名の⇒居」は、おそらく過去帳を書いた住職が間違えたのだと思います(笑)

なんか雑だなぁ~www

 

そしてもう少し歴史を紐解いていきます。



 

この昭和19年という年には一体何があったのか。

昭和19年は西暦でいうと1944年、つまり終戦の1年前ということになります。いわゆる太平洋戦争の真っただ中で、各国の激しい陣取り合戦が繰り広げられていました。

ちなみに当時の日本の最大領土は、下の地図の赤い範囲です。

日本の太平洋戦争の構想としては大東亜共栄圏を掲げていました。大東亜共栄圏とは欧米諸国から東アジア・東南アジアを解放することを目標としています。

参照:プチモンテ

 

太平洋戦争の名目は東アジア・東南アジアの西欧諸国からの解放という人聞きの良いものがひとつでしたが、同時に日本が西欧諸国から断絶されてしまった石油などの資源の確保という目的もありました。

 

それはそれとして、先ほどご紹介した当時の日本の最大領土ですが、みなさんは狭いと感じましたか?広いと感じましたか???




 

ここに一つ、おもしろいサイトがあるのでご紹介したいと思います。

↓↓↓
The True Size Of …

「Japan」と検索すると好きな場所に日本地図を動かすことができて、各国と比べて日本の国土がどのくらいの大きさなのかを知ることができます。

領土問題のあるデリケートな地域は除外されているようですね( ;∀;)

 

例えば日本とアメリカを比較してみるとこんな感じ。

どうでしょうか、みなさんのイメージ通りだったでしょうか?

 

次にヨーロッパ諸国と比べてみます!

これを見ると、案外日本って大きいと思いませんか???

日本は「小さな島国」とよく言われますが、僕はイメージしていたよりもはるかに大きくて驚きました。

いや大きいというよりもむしろ「長い!」と表現した方が正確かもしれませんが(笑)

イメージって怖いですね。

 

いずれにしてもこのことを考えると、当時どんどん領土を広げていった日本という国家は、アメリカやイギリス等の西欧諸国にとってかなりの脅威だったはずですよね・・・




そして僕は当時直衛さんが戦死した状況を知りたいと思い、「昭和19年 中国」とググってみました。

すると、

「大陸打通作戦」というものが一番にヒットしました。

大陸打通作戦はその名の通り中国大陸における日本領土拡大の作戦(1944年4月17日~12月10日)だったのですが、期間を見ると戦死した5月25日が含まれていたので、直感でコレだろうなと思いました。

日本軍は勝利したものの大きな損害を受け、戦死が11,742と戦病死がそれ以上であった。戦死戦病死者十万という大きなものであった。

参照:Wikipedia「大陸打通作戦

正確な数かどうかは不明ですが、この戦死者の一名に含まれると思われます。

 

また、太平洋戦争の年表「1944年(昭和19年)」という欄を見てみると、シンプルにこんな記述がありました。

●4月17日 – 12月10日 大陸打通作戦
5月25日 日本軍、洛陽占領。

つまり、奇しくも日本軍が洛陽を攻略したその日に、直衛さんは洛陽で戦死したようです。

祖父から伝え聞いた話ですが、直衛さんは陸軍准尉という立場上、別に追わなくても良かった蒋介石(しょうかいせき)側の中国軍の野戦部隊を馬に乗って追撃したところ、その中国軍の一人が撃った弾を運悪くコメカミに受けてしまったということなのでした。

撃たれても撃たれなくても洛陽は攻略できていたでしょうから、本当に不必要な追撃だったと言えるのでしょうね~。

無念です((+_+))

 

つづく

<<前の記事  次の記事>>






1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください