【話ネタ】ウォーリーには実在するモデルがいた

イギリスで1987年に発売された絵本「ウォーリーをさがせ!」といえば、皆さんご存知の通りで、ゴチャゴチャした絵の中から主人公のウォーリーやその仲間たちを見つけ出すゲームです。

1990年代に世界中で大ブームとなりました。

 

ちなみに発売国のイギリスでは『Where’s Wally?
もちろんウォーリーですが、

 

 

北米では『Where’s Waldo?
ウォルド―w

 

 

そしてフランスでは『Où est Charlie?
チャーリーになりますwww

 

 

 

シンプルですがこの絵本、やり始めると意外にハマってしまうんですよね(笑)

しかしこの子供向け(?)の絵本には、実はものすごい都市伝説があるのをご存知でしょうか?

それは、このウォーリーには実在するモデルがいたというもの。

ウォーリーのモデルになった人物、それは凶悪な殺人犯ジム・ジャックです。




これは本が発売する前なので、今からもう30年以上も前のことです。

 

イギリスで8才の男の子が行方不明となり、それから1ヵ月後に、見るも無残な姿で発見されました。

 

その後警察の捜査により、ジム・ジャックという一人の男が容疑者として浮上したのです。

ジムには前科があり、過去に24人にのぼる子ども達を殺害していました。

しかし裁判の結果、ジムは精神異常者で“責任能力が無い”と判断され、警察の精神病院に収容されていました。

 

しかし数年後、ジムはなんと病院から脱走を果たします。

そして再び指名手配されましたが、現在もなおその行方は分かっていないそうです。

 

ジムの脱走からしばらくして、一冊の本が出版されました。

それが、僕たちが楽しんでいた絵本「ウォーリーをさがせ!」なのです。

 

つまり「ウォーリーをさがせ!」は、脱走した精神異常者ジム・ジャックへの注意喚起と同時に、一刻も早く捜し出さなければならないという警告が込められているといいます。

 

そしてこの話には続きがあります。


リメイク版『新ウォーリーのえほん』シリーズから、ウォーリー親衛隊(しんえいたい) という子供の集団が登場しました。

ウォーリーに似ている黄色と黒のしましま服の悪役オドローの後ろに連なっている子ども達こそ、ウォーリー親衛隊です。

金髪の女の子やメガネを掛けている男の子など、個性があるようですね。

 

勘が鋭い方は気付いたでしょうか?

この子ども達の数。

そうです、ちょうどジムが殺害した子どもの数と同じく25人なのです。

 

都市伝説とはいえ、すこし怖いですよね~。

 

ここから下は、僕が勝手に考えたことです。




どうして子ども達は「ウォーリー親衛隊」なのでしょう?

なんとなくウォーリーを守っているような名前です・・・

 

しかしウォーリー親衛隊はあくまでも日本語訳ですよね。英語では「Wally Watchers」となっています。

Watcher=監視人、番人

つまり子ども達はウォーリーを守っているのではなく、自分たちを殺害したウォーリーがこれ以上犯行をしないように見守っているとも考えられないでしょうか。

 

また、主人公ウォーリーの英語表記はWallyですが、これはWorry(心配させる・困らせる)という言葉と掛けているような気がしますね。

 

以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

●誕生30周年記念「ウォーリーをさがせ!展」の公式HPはコチラ

http://wally30.jp/index.html#firstPage

*残すは、2019年3月9日(土)~ 4月7日(日)の名古屋会場のみのようです!

 

 

●ウォーリーランの公式HPと公式Twitterコチラ

http://www.sportsone.jp/wally/

*来年のウォーリーラン開催は発表前のようです

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください