【都市伝説】「魂」の重さ

こんにちは!ナオヒロ(@naohiroyoda)です。

みなさんは、「魂」に重さがあるというお話を聞いたことがあるでしょうか?

今日はそんなにわかには信じがたいお話をご紹介します。




 

そもそも魂(たましい)って何だろう?ということで、辞書でサクッと調べてみました。

  1. 生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。古来、肉体を離れても存在し、不滅のものと信じられてきた。霊魂。たま。「―が抜けたようになる」「仏作って―入れず」
  2. 心の活力。精神。気力。「仕事に―を打ち込む」
  3. それなしではそのものがありえないくらい大事なもの。「刀は武士の―、鏡は女の―」
  4. (多く「…だましい」の形で)そのもののもつ固有の精神。また、気構え。「大和 (やまと) ―」「負けじ―」
  5. 思慮。分別。「いみじう―おはすとぞ世人に思はれ給へりし」〈大鏡・道隆〉
  6. 素質。天分。才気。「筆とる道と、碁うつこととぞ、あやしう―のほど見ゆるを」〈源・絵合〉
  7. 《武士の魂とされるところから》刀。「わが夫 (つま) のこの―、婿引出 (ひきで) に」〈浄・彦山権現〉

魂/魄(たましい)の意味 – goo国語辞書

1 生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。

というのが一般的に理解されている意味合いかと思います。違ってたらすんません(笑)

 

アメリカのダンカン・マクドゥーガルという医師が、今から100年以上も昔の1907年に、おもしろい実験をしました。

それは、6人の患者と15匹の犬を使い、死ぬ前と後の体重を計るというもの。

 

彼は人間の魂の存在を信じていて、魂が存在するならば“重さ”も存在するはずだと考えていました。

精密な秤(はかり)を用意し、患者の体液や汗、尿、窒素に至るまで計算に入れていたと言われています。

 

そして一人目の患者を計測した時、ある驚きの計測結果が出ます。

それは


“患者が死んだあと、4分の3オンス(21.262グラム)の体重の減少が認められた”

というもの。

 

人間の死の瞬間、呼気に含まれる水分や汗の蒸発とは異なる、“なんらかの重さ”が失われたといいます。一方で犬ではこのような重さの損失は起こらなかったそうです。

 

この実験を機に、「人間の魂の重さは、21グラムである」という説が広がっていきました。

 

1円玉が1枚1グラムですので、21円分の重さとなります。

 

信じるか信じないかは・・・

ですが、この話が題材になった映画がありますので、気になる方はぜひ見てみてください。

映画「21グラム(予告編)」

“命が消えるそのときに、
人は21グラムだけ軽くなる”

“どんな人も”

“チョコ・バー1個の重さ”

“ハチドリの体重”

 

はて僕たちの「魂」というのは、一体どこから来て、どこへ行ってしまうのでしょうかね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください